【西鉄バス】今後のアイランドシティ営業所の役割とは?

シェアする

ドォーモ!サトマート @satomartです。

福岡では西鉄バスは市民の移動手段として欠かせない存在ですね。

福岡市東区のアイランドシティにも西鉄バスは通っていますが今後はバスの本数を増やす為、新しく西鉄バスの営業所『アイランドシティ自動車営業所』が新設されました。

またこのアイランドシティ自動車営業所が新設されたことにより廃止となる西鉄バス営業所もあります。

アイランドシティ営業所ができた理由

・今後の住民人口の増加(現時点で約10,000人の住民)

福岡市総合体育館へのアクセス増加

福岡高速6号線が2020年開通予定

大型商業施設[ぐりんモール]&宿泊施設OPEN予定

etc…

これからのアクセス増加による事故なども防ぐよう、住宅ゾーンにあまり車が行かないようなルート作りも考えられているとのこと。

西鉄香椎浜営業所/新宮営業所が移転

現在は香椎浜営業所は「香椎浜車庫」と名称が変わっており、西鉄バス路線のバス停名も「香椎浜営業所」➡︎「香椎浜車庫」に変更されていました。

また新宮営業所は廃止となりました。

なんだか寂しい気もしますが。。。

バス停の名称変更も行われました

「留学生会館前」

➡︎「イオンモール香椎浜」へ変更。

「照葉小中学校北口」

➡︎「照葉北小学校前」へ変更。

「香椎浜営業所」

➡︎「香椎浜車庫」へ変更。

「照葉ガーデンスクエア入り口」

➡︎「福岡市総合体育館」へ変更。

また新たに「香椎照葉5丁目」も新設されました。主に香椎浜〜天神線など運行します。

まとめ

アイランドシティの人口、訪問の数は瞬く間に増えていく中で、住民エリアの交通量をあまり増やすと子供達の安全確保が難しくなることが予想されます。

その為、[アイランドシティ営業所](センターマークスタワー横)は物流エリア側に新設され、人の流れを分散させるのが狙いなのかも知れません。(個人的な見解)

また福岡高速6号線の降り口も同じく、物流エリア側にあり、多くの利用者は交通量が空いている方へ流れていくのが同じく狙いとなっているので、[アイランドシティ営業所]が出来た場所もそういった意図があったのではないでしょうか。

交通の便向上と共に住民の生活安全確保も担っているアイランドシティ営業所は重要な役割を担っています。

Follow me!

1991年生まれ

福岡県福岡市出身。

現在は一般メーカーで営業を行っているが、将来的には脱サラしても家族を養っていきたいと考えるごく普通のサラリーマンです。

脱サラのためにやっている副業・投資・お金に対する考え方・不動産・カーライフを中心に学んだことをブログでアウトプットしています。また自分の好きな街『アイランドシティ香椎照葉』についても最新情報をお届けしていきます。

共感できる方は是非読んでみてくださいね。

シェアする

プロフィール
satomart

satomart

1991年生 福岡県福岡市出身 アイランドシティ香椎照葉に住み、これから移り住む方、住んでいる方にこの街の良さを伝えていけたらいいなと思いブログを運営しています。 大学まで野球に打ち込み。今はサラリーマンやりながら好きなブログを書いています。

プロフィールを表示 →