【休止決定】2018年Fukuoka東区花火大会 来年以降はどうなる?

シェアする

どうも!SATOmartです。

今年で第28回目となるFuuoka東区花火大会の最新情報をまとめましたので、ご紹介していこうと思います。地元民にとっては一年に一度の大イベントの一つとして定着していますが、題名の?にあるように毎年当たり前に開催ができるものではないようです。

そして今年アイランドシティへつながる都市高速道路の工事により、いつも人が観覧する公園が封鎖されていて、公園の代わりに別の新しい公園を作ると福岡市と協議していましたが、それが今年の花火大会に間に合わないのと花火大会の運営費が足らないとの主な理由で休止となったようです。

詳しくはこちら⇨FUKUOKA東区花火大会

全国でも珍しい市民主体の花火大会

地元民の会話には毎年のように「今年花火大会あるんかね?」という会話をよく耳にします。

福岡市東区近辺のコンビニ・スーパーなどの商業施設には募金箱が設置されていて毎年次回の花火大会の開催資金を募っています。

私も調べるまではなんで募金箱があるんだろうなんて思っていたのですが、実はFukuoka東区花火大会は大きなスポンサーを持たない唯一の市民の花火大会だったんです。

資金調達は東区花火大会実行委員会が募金箱設置のほか、花火大会応援グッズとしてオリジナルTシャツ・ワンピース・マフラータオル・ハンカチタオル・トートバックが販売されておりその収益は全てFukuoka東区花火大会の開催運営資金となっているんです。

サポートしているのは約25の地域密着の商店さんや会社であの毎年恒例の花火大会は実は地元の人たちのたくさんのサポートと募金で成り立っているんだと思うと手伝いたくなる方もいるのではないでしょうか?

マリエラディナークルーズで楽しみの幅が増える

これも知らなかったのですが、このFukuoka東区花火大会をディナークルーズで楽しむこともできるようです。

先着50名で船を貸し切り⇨18:30集合⇨19:00ベイサイドプレイスより出港⇨19:30花火大会を見物⇨21:00ベイサイド着港・解散

料金

大人:13,800-(税込)

子供:9,000-(税込)6歳から12歳

幼児:4,200-(税込)3歳から5歳

今年は2018年9月10日開催予定なのでご予約される方はお早めに!

毎年開催できているのはボランティアの方々のおかげ

毎年翌日は、みんなで掃除しています!
毎年、多くの方に清掃ボランティアに参加されているんだそうです。少しでも多くの方に集まると、作業もはかどり時間も短くて済みますよね。市民による市民のためのFukuoka東区花火大会です。次の日は朝から仕事の方も大勢いらっしゃると思います。掃除には参加できない方も多いと思います。そんな方は当日のポイ捨てはやめましょう。

まとめ

Fukuoka東区花火大会は地域の方々の協力で毎年成り立っている。

今後もこの花火大会を恒例にしていくために近隣の方で協力して楽しい夏の最後の思い出作りをしたいものですね。

今年集まった募金は来年以降の運営費として活用されるようなので、ぜひとも来年は花火大会開催して欲しいですね!

Fukuoka東区花火大会ホームページはこちら

Fukuoka東区花火大会が良く見える建設中のマンションはこちら

Follow me!

1991年生まれ

福岡県福岡市出身。

現在は一般メーカーで営業を行っているが、将来的には脱サラしても家族を養っていきたいと考えるごく普通のサラリーマンです。

脱サラのためにやっている副業・投資・お金に対する考え方・不動産・カーライフを中心に学んだことをブログでアウトプットしています。また自分の好きな街『アイランドシティ香椎照葉』についても最新情報をお届けしていきます。

共感できる方は是非読んでみてくださいね。

シェアする

プロフィール
satomart

satomart

1991年生 福岡県福岡市出身 アイランドシティ香椎照葉に住み、これから移り住む方、住んでいる方にこの街の良さを伝えていけたらいいなと思いブログを運営しています。 大学まで野球に打ち込み。今はサラリーマンやりながら好きなブログを書いています。

プロフィールを表示 →